第171回 定例講演会

講師 立川康人先生
〔京都大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻 教授〕
演題 「明治以降の水害および治水対策の変遷と極端水象の将来予測」
日時 2019年11月28日(木) 17:00〜18:40 (11/15 開始時間を変更)
場所 いであ(株)大阪支社ホール(大阪市住之江区南港北1-24-22)
参加費 1,000円
内容

明治以降の水害および治水対策の変遷を振り返り、現在の河川流域が洪水被害からどのように、どの程度まもられているかを示す。その上で、豪雨、洪水、高潮の将来変化予測の一端を紹介し、気候変動下の治水を考える機会としたい。

参加申込み・
お問い合わせ
お申し込み受付は終了いたしました
Copyright(c) 2008 Global Environment College. All Rights Reserved.