第168回 定例講演会

建コンCPD登録プログラムではありません

講師 中田 光先生
〔新潟大学医歯学総合病院 輸血再生細胞治療センター/臨床研究推進センター/遺伝医療支援センター 部長・教授〕
演題 「稀少肺疾患研究の光と影 -病因解明から医師主導治験に至るいばらの道」
日時 2019年9月30日(月) 17:00〜18:40
場所 GEカレッジホール(地球環境カレッジ事務局に併設)
参加費 1,000円
内容

稀少肺疾患の肺胞蛋白症は、サイトカインの一種である顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)に対する自己抗体が過剰に産生されて発症する。発症要因として職業性粉塵吸入との関連が指摘されてきたが、東日本大震災後に本症の患者が有意に増加したことがわかり、粉塵暴露状況を知るためフィールド調査を行っている。治療は、全身麻酔下に行う全肺洗浄法が一般的であるが、我々は、在宅で簡単にできるGM-CSF吸入療法を開発した。

参加申込み・
お問い合わせ
お申し込み受付は終了いたしました
Copyright(c) 2008 Global Environment College. All Rights Reserved.