第165回 定例講演会

講師 鎌田敏郎先生
〔大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻教授〕
演題 「コンクリート構造物の維持管理技術の現状と将来 〜劣化診断技術を中心として〜」
日時 2019年5月27日(月) 17:00〜18:40
場所 いであ(株)大阪支社6Fホール(大阪市住之江区南港北1-24-22)
参加費 1,000円
内容

イントロダクションとして、材料としてのコンクリートの成り立ち、コンクリートの歴史、良いコンクリートを造るためのイロハなどについて触れた上で、コンクリート構造物の施工時に生じる初期欠陥や劣化について概説する。その上で、土木学会コンクリート標準示方書に基づく計画的維持管理の概要と残されている課題、さらには非破壊検査を活用した合理的維持管理方法の事例について紹介する。

参加申込み・
お問い合わせ
お申し込み受付は終了いたしました
Copyright(c) 2008 Global Environment College. All Rights Reserved.